2015年12月26日

うつの人はうつの人の相談に乗ってはダメ?

はっぴーあくまです。

昨日、職場(病院)で当直やった先生から、昨日の最後の救急患者は「川にうつ伏せで浮かんでいた 45歳女性」やと聞きました。

歳が近い女性やったんよ。


スポンサードリンク




運ばれてきた時は、体温25℃だったそうです。低体温で治療が行われ、助かったと。

なぜ川にうつ伏せで浮いてはったのか・・・・「死にたい」って最初は言ってはったらしい。
落ち着いてきはると「死にたくない」って言ってはったと。

もう1時間くらい浮いてたら間違いなく死んでいただろうと。

川に浮いてるところを通行人が発見し、救急搬送されてきはったと。
精神状態が良くなさそうだったと先生は言ってはりました。

「自殺」しようとしはったんやと思う。

私は、自分と重ねてしまったんよ。なんとなく「死にたい」気持ちわかるって。
でも、我に返った時やっぱり「死にたくない」って思う気持ちも。

「気持ちわかるよ」ってその人に言ってあげたいって思ったんよ。

どうして死のうと思ったん?って話を聞いてあげたいって。

気持ちわかるような気がして偉そうにそう思ってしまった。

あー、あかん。きっとそんなに簡単なことやないのに、聞いても何にもしてあげられへんやんって・・・



以前、勤務していた病院では外来で働いていたので患者さんとお話する機会が多かってん。

その時、よく患者さんから悩みを相談されることがあってな。

それが普通の悩み相談でもあったんやけど、「うつ」の薬を飲んでてとか明らかにこの人も「うつ」やって思うことがよくあったんよ。

自分も「うつ」で薬も服用してるから、すごく気持ちがわかるし、聞いてあげたくなってしまうんよね。

なんのアドバイスもできひんけど、話を聞くだけやったらできるわって思ってたんやけど、その時のカウンセラーさんが絶対自分がしんどくなるから、深入りする相談には乗ったらあかんよって言わはってん。

それから、話をしてきはる患者さんには、ホントに話だけさらっと聞くことしかせーへんようにしてん。

確かにあまり深く入ってしまうとしんどくなる気がしたんよ。


精神科入院した時も、最初の注意で他の患者さんに相談したり、相談に乗ったりしたらあかんって言われたんよ。

だから精神科入院は個室が多いのかな?(まぁ、人と関わりたくないっていうのも大きいんやろうけどね)。

入院した場合は、治療をしに入院してるんやから、他の人となんかあっても困るし、治療の妨げになってもあかんしやろうね。

そやから相談ごとは、看護師さんにしてたなぁ。


「うつ」の人は誰にも相談できひんことが多いねん。でも相談できる(気持ちを解ってくれるだろう)人に会ったら、うわぁーって話したくなるねん。

うん、そうやと思うわ。

もし相談された側が「うつ」やったら、きっとしんどくなってしまうと思うわ。

自分も聞いてほしいねん、でも相手の話を一生懸命聞くことになるやろうし。(根がまじめやから)。

でも、逆に頼りにされてるって思えるんかもしれへんなぁ〜。

そやけどやっぱり、私はあんまり深入りしてしまうときっとしんどくなってしまうんやと思う。

その人のうつの状態にもよるんかもしれへんけどね。

やっぱり、真剣に相談を受けてはあかんと思うわ。


相談する場合はやっぱり、安心なんはカウンセラーさんとかかなって思う。

そやけどこれもあたりはずれがあるんよね。

カウンセリング受けて余計にしんどくなってしもて、話するのイヤになったことあるもん。

相性の良いカウンセラーに出会うのも難しいねんけどな。そんなカウンセラーさんに出会えたらいいよね。

私にとっては最後の産業カウンセラーさんは絶対安心できる人やったし、いろいろ話せたんかもしれへん。

いつもカウンセリングを受けていて、カウンセラーさんは人の悩みやツライこと聞いててしんどくならないんやろかって思ってたよ。

で、あーやこーやとそれなりにアドバイスなんかもせなあかんし、下手なこと言えへんし、気も遣う。

大変なお仕事やわ。


人それぞれ、意見はあるんやろうと思うんやけど、私はうつの人はうつの人の相談を受けるんは要注意やと思うよ。

スポンサードリンク




posted by はっぴーあくま at 17:51| Comment(0) | 「うつ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。